« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月29日 (木)

CB1300SBの新色追加?

大型二輪取得してからと言うもの、バイク雑誌をたくさん買い込んでしまいました。
今月は付録のDVDに釣られて、ヤングマシンを買いました。
その今月号(2007年5月号)のヤングマシンに、CB1300SBの新色ネタが出ておりました。

「シルバー×ガンメタ」だそうです。
大阪モーターサイクルショーでお披露目予定、4月下旬に発売予定だそうです。

現行の「赤×白」の白部分がシルバーに、赤部分がガンメタで、
写真(CG?)が載っていました。

なかなか渋い感じです。
07年型の「ブルーメタリック」と「赤/白」では、個人的に完全に「赤×白」でしたが、
購入時期に「シルバー×ガンメタ」が出ていたら、かなり迷ったと思います・・

しかし、これが真実として、何故新色追加なのでしょうか?
無限スペシャルを出したりもしてますし・・・
まさか08年でのフルモデルチェンジ前の作戦とか・・・

2007年3月26日 (月)

ライディングシューズ初購入

バイクに乗り始めて20年ほどになりますが、初めてバイク用ライディングシューズを購入しました。
ゴールドウィン(GOLDWIN)のゴアテックス・ライディングシューズ(GSM 1026)です。
これまでは、ハイカットのスニーカー等を使用していましたが、やはりしっかりしたもので安全にライディングしたいと思い、購入しました。

Img_3527

選定基準としては・・
(1)私の足に合う(24.5cm、幅広甲高)→試着必須
(2)万が一の時、足を保護してくれる。
(3)蒸れにくい(暑がりです)
(4)脱ぎ履きしやすい
(5)デザインがカッコいい

比較的近所には、RacingWorld2りんかんがあり、ホンダ、elf、シンプソン試着してみましたが、なかなか上記条件に合いませんでした。
#この時点ではゴールドウィンはなぜか候補に挙がっていませんでした。

アルパインスターの2007年新作モデルのOctaneをネットで見つけ、是非現物を拝みたいと思いましたが、上記2店は取り扱いが無く、取り寄せも不可能と言われてしまいました。
アルパインスター:alpinestars/OCTANE シューズ
アルパインスター:alpinestars/OCTANE シューズ

そこで、ちょっと遠いのですが、しゃぼん玉に行ったところ現物がありました。
店員さん曰く、「アルパインスターは日本人の足に合っていなかった(幅が狭い)が、2007年モデルからは改良された」
確かに良い感じでした、が、結構高値ですし、同額出すならゴールドウィンも有りか?
履いてみるといままでで一番フィットしました。
しかも全部マジックテープで調整しやすそう、防水性が高そう、GORE-TEX!

デザインはアルパインスターの方が好みだったのですが、履いてナンボのシューズですから、ゴールドウィンに決めてしまったのでした。

ゴールドウィン:GOLDWIN/ゴアテックス(R)ライディングシューズ
ゴールドウィン:GOLDWIN/ゴアテックス(R)ライディングシューズ

2007年3月24日 (土)

ヘッドライトバルブ交換に四苦八苦

ヘッドライトバルブを交換しました。
と言っても二輪専用品ではなく、四輪用です。
(だって高いんだもん・・)

純正ライト、暗いですよね?
かといってHID装着するまでの気合いは無いわけでして。
そこで、定番の高効率バルブへの交換と相成りました。

このバルブ交換に苦労しました。
四輪では何度も交換してますし、どってことないでしょうと思ってました。
センタースタンドを掛け、カウルの裏側に手を突っ込み、ハンドルを右に左に調整しながらコネクタを引っ張ってみるのですが、ビクともしません。
新車だから堅く、カウル内が狭いので、力が入らないからなのか・・?

仕方なく、サービスマニュアルを見ながら、フロントロアカウルを外し、メーターパネルを外し、手を入れやすくしたところ・・・あれっ?コネクタの両側にロックが有るじゃないですか!
これを摘まんでやると・・あっさりコネクタが抜けました。
そりゃどれだけ力入れてもコネクタが抜けるわけがありません。

実はバイクでバルブ交換は初めてでして、バイクでは振動が大きいので抜け防止にロック機能が付いてるのが当たり前なんでしょうか・・?

こんな簡単な作業なのに、2時間ぐらい費やしてしまいました。
なんとまあ不器用な私でした。

2007年3月16日 (金)

バイクカバーによるキズ対策

以前の記事でバイクカバーによりカウルスクリーンへのキズ防止策を教えていただいたので、早速実行しています。

着れなくなってしまったタンクトップを使っています。
Tシャツより装着しやすいと思ったからです。
ばっさりと縦に切り裂いて(正面だけです)カウルミラーに腕を通す部分を掛けています。

Img_3472

確かにこの方法なら、カウル&スクリーンにはキズ付かないです。
教えていただいた方々ありがとうございました。m(_ _)m

2007年3月11日 (日)

サイレンサー交換

MORIWAKI ZERO SS スリップオンサイレンサーに換装しました。
#夜間、携帯での撮影なので画質悪いです。

ノーマルサイレンサーからの換装作業なんて初めてでしたが、1時間未満で完了できました。

Ca330177

以下の理由により、フルエキ交換を断念し、中古のスリップオンサイレンサーを入手しました。
・07年型からは車検が厳しくなり、現行のフルエキはほとんど車検に通らない(らしい)。
 (モリワキからもそのような回答をもらいました)
・予算がない・・
 (こっちの方が主な理由ですが)

Ca330178

画像ではわからないのですが、サイレンサーバンド部分がノーマルよりも1cmほど短いのですが、こんなものなのでしょうか?

Ca330179

で、換装した感想ですが、
・低重音が強調された感じ。
 排圧がノーマルよりも高く感じました。
 主観ですが、回してもうるさくない(逆にそれが不満な方が多いようです)。
・軽くなった!
 換装作業中から、ノーマルの大きさ・重さを実感しましたが、
 換装後はサイドスタンドからの引き起こしが軽くなりました。
・カバーが掛けやすくなった!
 Giviフィッティングキットを取り付けたことにより、カバーが窮屈でしたが、サイレンサーが小さく、内側に若干入ったことにより、カバーにも少しですが余裕が出ました。

2007年3月 3日 (土)

ハンドルがブレる件(その2)

ハンドルがブレる件(その2)です。

【ハンドルのブレ-その1】
プチツーリングを1回経験し、このバイクにもちょっと慣れてきたので、
見通しが良く、車通りが少ない直線で手放ししてみました。
すると、ハンドルが微妙にブレ始めたかと思ったら、
ハンドルの端で3cm以上の幅でブレが大きくなっていくのでした。

【バイク屋にて-第1回目】
フロントの空気圧が規定値より低かった(規定値2.5のところ、2.0ぐらい)
一度様子を見て欲しいと言うことで、規定値まで入れてもらい、
バイク屋周辺を走ったところ、現象が収まったと感じた。

【ハンドルのブレ-その2】
ところがその1週間後、新規オープンしたホンダドリーム名古屋東店に行ったところ、
直線でもハンドルのブレが起きる、道路のワダチには過剰にハンドルを取られる、
と最初の現象がより顕著に現れるようになりました。

【バイク屋にて-第2回目】
フロントを持ち上げてチェックをしてもらうと、
「SBは初めて触ったが、ステアが軽過ぎるのでは無いか?
 軽いので、路面からの情報がハンドルに過敏に現れるのかも?」
確かに他で整備中のinazumaと比べて軽く感じました。

というわけで、バイク屋に預けました。
その間に、ステムナットを増し締めし、テストしてもらった結果、
再現しないということで、本日引き取ってきました。

いろんな状況で走って確認したかったのですが、体調が悪くてほとんど乗れませんでしたが、
今のところ問題無さそうです。

明確な原因がはっきりしていないので、釈然としないのですが、
頂いたコメントを踏まえて、他に考えられる原因としては、
・ホイールバランスが取れていない。
 →バランスは問題無しだろう(新車だからバイク屋では未チェックとのこと)。
・バイク自体のアライメントが狂っている。
 →アライメントチェックは問題無しでした。
・タイヤが偏摩耗している
 →これも新車だから問題無いだろう。

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

最近のトラックバック

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31