« 四国ツーリング3日目(2009/04/28) ~室戸岬~ | トップページ | 2009北海道ツーリング ~計画・準備で早くも・・・~ »

2009年5月 9日 (土)

四国ツーリング4日目・最終日(2009/04/29) ~鳴門のうず潮~

四国ツーリング4日目、最終日です。

P1020418_am

2泊3日の予定が延泊してしまい、3泊4日にしてしまいました。
その結果、全行程、kanarieさんとご一緒させてもらいました。
kanarieさん、乱入していろいろとご迷惑をおかけしました。
  でも、とっても楽しく廻れました。(o^-^o)

ルートはこんな感じ。
最終日のメインはなんといっても「鳴門のうず潮」です。
4

AM8:00過ぎ、宿を出発。
本隊は淡路島で宿泊しており、うず潮の見頃は12:50発の観潮船だそう。
それまではR11を北上し、r183(鳴門スカイライン)経由で四国側から大鳴門橋を見に行きます。

最初の画像は鳴門スカイラインに架かる橋で、↓のように『ウチノ海』が一望できます。
水もキレイで良い眺めでした。
P1020419

鳴門スカイラインを抜けると、鳴門エスカヒルと架橋記念館の駐車場に到着。
うーん、大鳴門橋が見えませんねぇ。
エスカヒルってエレベータに乗るしかないのでしょうか。
う、300円取るんだ、まあしょうがないので乗ります。
全長68mのエスカレータで登ります。
でも全然人が居ません。
ここでおかしいと思うべきでした。。。
P1020428_am

エスカレータを降りると大鳴門橋が一望です。
若干波が見えますが、まだまだうず潮は見えません。
P1020430

大鳴門橋架橋記念館が見えます。
P1020439

エスカレータを降りて、駐車場の人に聞いてみると、トンネルの先に展望台があるとのこと。
最初に聞いておけば良かった、道理で有料のエスカレータなんて誰も乗ってないわけです。
しかもこのトンネルはAM10:00までしかバイク・車は通れないとのこと、ギリギリバイクで通れました。
P1020447

鳴門北ICから神戸淡路鳴門自動車道に乗り、鳴門海峡を渡ります。
初日のしまなみ海道と違って好天で景色を堪能しました。

淡路島南ICで神戸淡路鳴門自動車道を降り、まだまだ時間があるので、淡路島の北側を廻ってみます。
r25~r31~R28と廻って、観潮船が出てる福良港に到着。
このr25、ツーリングマップルでは『交通量少ない、快適ドライブコース』とありますが単調な海岸線でちょっと期待はずれでした。

AM11:00、福良港に着いてみるとすでに本隊は到着して、乗船券も購入済み。
観潮船は12:50発で時間が余りまくり。
kanarieさんとCB1000のT氏と3台で、道の駅うずしおに行きます。

AM11:25、道の駅うずしおに到着。
車もバイクも大勢居て混雑してます。
P1020458_am

淡路島側からの大鳴門橋の景色です。
P1020473

えーっと、恥ずかしながらうず潮の原理を初めて知りました。。。なんて無知な・・
P1020461

大鳴門橋の真下です。
ちょうど耐震工事中とのこと。
P1020464

P1020465

大鳴門橋から淡路島側の眺め。
P1020466

なかなかの眺めでした。
P1020472

道の駅うずしおで昼食。
『鯛の茶漬けとミニうどんセット』、鯛がおいしかったよぅ。
P1020474

そしてデザート。
玉ねぎソフトです。
玉ねぎの味がしっかりとしていますが、くどくない甘さでおいしゅうございました。
P1020476

PM12:40、観潮船『日本丸』に乗って、いざ観潮に!
P1020513

初めてのうず潮です。
もっと激しいうず潮を期待していましたが、日によって違うのでこの日は穏やかなうず潮のようでした。
P1020500

これは「海面に現れる滝」です。
「紀伊水道(太平洋側)と瀬戸内海の潮の干満差により、激しい潮流が生まれ、うず潮ができるのですが、この干満差が鳴門海峡に滝を生み出す」のだそうです。
最大2m近い段差になることもあるそうです。
P1020497

こんなんじゃよくわかりませんよね。
デジカメで撮った動画を載せてみます。

楽しかった四国ツーリングもほぼ終わり、あとは高速で帰宅。
PM3:30、淡路SAで休憩です。
かなり混雑してました。
ここでやっと讃岐うどんのお土産を見つけ購入。
P1020519_pmsa

PM5:20、草津SAで最後の休憩。
途中は混雑していたのでみなさんちょっとお疲れモード?
新名神は亀山や四日市で渋滞だったので、迷うことなく名神を選択。P1020522_pmsa

あとはノンストップで春日井ICまで。
本日の走行距離は、415.6kmでした。
P1020523

この4日間の四国ツーリング、初日の暴風雨には泣かされましたが、四国に入ってからは天気も回復し、メインとなる各地には好天に恵まれたし、無事故無違反ノートラブルで予定通り廻れてとても楽しかった~。
kanarieさんのルートに乗って本当に良かった~、感謝です。

« 四国ツーリング3日目(2009/04/28) ~室戸岬~ | トップページ | 2009北海道ツーリング ~計画・準備で早くも・・・~ »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

お帰りなさーい。

# って、帰ってきたのはもっと前か。

自分も一度は渦潮を見てみたいですねえ。
鯛茶もおいしそう。

# 玉ねぎソフトは躊躇しますが...

渦潮の動画、なかなかいい感じで取れてますね。
わいのは、撮影失敗でした。

まーとにかく楽しいGWツーでしたね。

北の大地は、がんばって。。。。わいは多分いけないけど、
海鮮類のお土産楽しみにしてます( ̄ー ̄)ニヤリ

大鳴門橋、良い天気で満喫できてよかったですね。
私が行った時は強風いや暴風で、橋下の展望台すら行けませんでした。
道の駅は開いたばかりで(っていうか、開くのを待ってたわけですが)、
こんな【お昼ご飯】があるなんて見てなかった、、、

◆超山岳案内人さんへ
 ただいまです。
 個人的にはちょっと無理した行程でしたが、行って良かったです。

 玉ねぎソフト、なかなか美味しかったですよ、是非チャレンジを。。

◆kobayanさんへ
 同感です、楽しかったですねぇ。
 もう次のツーリングが待ち遠しいです。

 うず潮、もっと大きいのを期待していましたがしっかりと見れたので良かった。

◆山賊12Sさんへ
 大鳴門橋だけじゃなくて橋関係は暴風なときに行くもんじゃですよね。
 橋から落ちるかと思いましたから。。
 でも初めての四国で2日目以降は天気に恵まれたのでラッキーでした。
 このお昼ご飯は山賊12Sさん好みでしたか?

レポお疲れ様でした。
アタシはまだ初日終わったとこですが。。。。ペース上げないと(笑)
後で聞いた話。鯛飯は宇和島が旨いんですって。知ってたらそこでも食べたかったですねぇ。でも、ここのも旨そうだった。
あと、渦潮は、またちゃんと大潮の日を狙って行きたいと心に決めましたョ。

また、こちらこそ全日同行有難うございました。お陰様で道中も2泊の宿も淋しい思いをすることも退屈することもなく楽しく過ごせましたw。またの機会はお願いしますねぇ。

29日渦潮だったとは。僕も四国九州ツーの初日でしたのでニアミスしてましたね。といっても僕は名古屋を出発して道後温泉まで高速を駆け抜けましたが。いい天気でしたよね。
ツーリングから帰って来て、届いていたPOSHフェンダーレスを早速装着しました。お聞きしていたとおりGIVIフィッティングごと取り外して、うまくいきました。07年式といい、GIVIといい、POSHフェンダーといい、そっくりですね。おやタイヤまで一緒です(笑)。

◆kanarieさんへ
 鯛飯は宇和島、うず潮は大潮、讃岐うどんは香川、ですね。
 次回(行けるの?)リベンジでは押さえましょう。

 こちらこそお供させて頂いて楽しかったです。
 今回に懲りずにまたご一緒させてくださいねー。

◆しょうさんへ
 四国だけでなく九州も行かれましたか。
 確かに最終日はGW初日だけあって四国に向かうバイクも多かったので、結構混んだのではないでしょうか。

 おお、カスタムそっくりですね。
 そいえば、しょうさんはブログやられないですか?

ブログ、やりませんねー(笑)いいんです。カスタムもjackさんに先越されてるし。ツーリング先だって。
僕も高校時代から原付取って、ホンダMT50でスタート。その後FZR250も経由しましたよ(そこまでも一緒か(笑))
今度はどっちが先にサス替えるか競争だー。

◆しょうさんへ
 色々似てますね~。
 でもサスは替えたいけど・・予算的に無理です!(断言)。
 それよりはHIDが欲しいなぁ。
 先日の雨の夜間高速は全く前が見えなかったし・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/203120/29515557

この記事へのトラックバック一覧です: 四国ツーリング4日目・最終日(2009/04/29) ~鳴門のうず潮~:

« 四国ツーリング3日目(2009/04/28) ~室戸岬~ | トップページ | 2009北海道ツーリング ~計画・準備で早くも・・・~ »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31