« 2009北海道ツーリング ~計画・準備で早くも・・・~ | トップページ | 疲労骨折 »

2009年6月 7日 (日)

濁河温泉リベンジツーリング

会社のツーリング仲間と共に、濁河温泉リベンジツーリングに行ってきました。

01_

リベンジと言うからには理由があるわけで、ちょうど1年ほど行った時には濁河温泉でゆったりするはずが、入らず仕舞いという始末だったのです。

AM7:00 Y氏と共に出発。
この時点で雨がパラパラと降ってきてるじゃん。
今日の装備はメッシュジャケット+ラフロツーリングパンツ。
メッシュで雨に降られたらシャレにならないので一応カッパを着ます。
#結局ちょっとぱらついただけでしたが、豊田市方面ではザーザー降りだったそうで。。

AM8:20 予定通り、集合場所であるレストラン大滝に到着。

今日のメンバーは11名、しかも常連メンバーの内2台が乗換後初お目見えでした。
まずは、XJR1200R、改め、FJR1300SA。
ローダウンされており、CB1300SBと比べて段違いの足つきの良さ!
それに走行距離50,000kmとは思えぬ程度の良さでした。
10_fjr

そして、CB1000、改め、Triumph Sprint。
鮮やかな青がすてきな3気筒マシン。
CB並みの尻上がりに高めのトップケースが付いてました。
#あっ、肝心な前からの絵が撮れていない。。
12_sprint

更に、今回私的にはお初の、X-4さんとその細君。
さりげなくカスタムされてキレイなバイクでした。
あまりお話しできませんでしたが、機会が有ればまたご一緒させて頂きたいですね。
13_x4

14_hornet600

総勢11台は以下。
 HONDA CB1300SB (私)
 DUCATI 749R (kanarieさん)
 YAMAHA FJR1300 (友喜さん:元YAMAHA XJR1200R)
 Triumph Sprint (Tさん:元HONDA CB1000)
 YAMAHA TDM900 (Kさん)
 KAWASAKI ZZR1100 (Yさん)
  SUZUKI Bandit1200S (山賊12Sさん)
 KAWASAKI KSR
 HONDA CB750 (koba-yanさん)
  HONDA X-4 (X-4さん:あっ、名前も聞き忘れた・・)
 HONDA Hornet600 (X-4さんの細君)

集合時間から30分経っても、KSR氏がやってきません。
まだ結構遠いところだとか、、というわけで10台で出発です。

R156~R472を北上、本日はかの有名な坂本峠が開通していたのですが、前日の雨で路面が不安だったので我慢して有料の飛騨美濃道路(\300也)を通過。
雲は多めでしたが、暑すぎず良い天気でした。

せせらぎ街道は巣野俣にある五平餅屋にて早めのおやつタイムです。
P1020859

P1020860

おやつタイムのあとは、濁河温泉に向かいます。
ルートは、R158~R41~飛騨ふるさとトンネル~r87~R361~r435~鈴蘭高原~r441。

r441は狭いルートな割に対向車もちょくちょく現れるので要注意でした。

後続と別れてしまったため、大平御岳展望台で休憩がてら後続を待ちます。
P1020864

本来なら御嶽山が見えるのですが分厚い雲に覆われていました。。
P1020865

このr441でKSR氏が転倒というアクシデント、孤立していたのですが、後続と合流して一安心です。

12:50 やっと目的地の濁河温泉に到着。
温泉と昼食が取れると言う、「ひゅって 森の仲間」に入ります。P1020870

ここの温泉はとても熱く、すぐに身を沈めることができませんでしたが、汗を流して気持ちよくなりました~。

温泉から上がると入浴前に頼んでおいた、朴葉みそ定食(\1,575)を頂きます。
ちょっと少なめでしたが、腹八分目で我慢です。
P1020871

ちなみに標高1800m有り、ナビのログからもその高低差が確認できました。
Photo

しかし、またもここで立ちゴケしちゃいました。 (;ω;)
この駐車場結構高低差があり、短足でもともとバレリーナ状態の私にはとても不安定。
さて乗ろうとしたときには下り坂でサイドスタンドが外れて、自分の方に倒れ込んできました。
やっちまったと思うものの、呆然としてすぐに起こせませんでしたが、幸いみんなに助けてもらえました。

気を取り直して、続いては開田高原にてアイスクリームです。
ここは初めてで何を頼んで良いかわからず、つい期間限定のブルーベリーに手を出しました。
が、やはり定番のとうもろこしソフトを食べるべきでした。。。とっても後悔。。
P1020878

ここからはR19を南下して帰るだけなのですが・・
道の駅 賤母にて休憩したところ、雨が降ってきました。
様子を見ている内に土砂降りになっちゃいました。

若干明るいものの雨は止む気配がないので、諦めてカッパを装備して出発。
「カッパを着るとすぐに止んだりするんだよね~」なんて言ってましたが、更にヒドい降りに。
中津川ICから中央自動車道に乗るもずっと土砂降り・・。
前方視界は悪いわ、雨粒は痛いわ、神経すり減らして走行しました。

ところが、恵那峡あたりで止んできたかと思えば、その後は路面さえも濡れていない状態。
なんて局地的な雨だったんだよ。。

というわけで最後にケチが付いてしまったツーリングでした。

本日の走行距離 : 412.7km
 燃費 : 20.14km/L 

P1020886

« 2009北海道ツーリング ~計画・準備で早くも・・・~ | トップページ | 疲労骨折 »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。土砂降りの中、無事帰宅できたことが確認でき『ほっ!』です。

朴葉みそ定食にあとソバとお吸い物がないよぉーー!
と、一応つっこんでみる。。。
立ちコケは次は我が身かも・・・フロントが結構重いのだよぉ〜、ちょっと傾いただけで『ズシっ!』です。

お疲れさんです。
みなさん。帰りは泣きの走行でしたね。

私には、立ちコケは縁がありません。これくらいは、みんなよりレベルが高いですよ。。。
走行技術の方は、最下位です。GWツーとあまり変わってないですよね。。。

まー無事でよかったです。

◆友喜さんへ
隊長こそお疲れ様でした!
あの土砂降り、恵那付近で終わっててホントに良かったです。

朴葉味噌定食>ああっ、空腹で食べるのに夢中で撮影もしてなかったんですぅ。

今回の立ちゴケは自分の弱点(短足)がモロに出ましたね。。
ちょっと真剣に対策を検討中です。

◆koba9694さんへ
koba9694さんほどの長躯があればあんな事にはならないんですけどねぇ。。
ちょっと真剣に対策を検討中です。

走行技術・・>私はバイクにかなり助けられてますが、スクールはとても有意義なので無料のとか参加してみてはいかがでしょう?

天気はもう少し期待してたんですけどねぇ。

濁河、特にあの駐車場はなかなか鬼門みたいですね。
平らなところが全く無く。あちらこちらで乗る場所を模索しているJackさんの様子を見ながら
やっぱり大変そう・・・。って思った矢先の出来事でした。
それ見てこちらも数秒間の金縛り状態でしたわ。

たちコケは、結構してるなぁ自分も。身長はある筈なのに。。。

◆kanarieさんへ
確かに天気は残念でした、最後に休憩時間取りすぎたかも・・

立ちゴケ・・お恥ずかしいところをお見せしました・・
あの時は恥ずかしさから「やっちゃったぁ。」程度にしか感じてませんでしたが、帰宅後にはいろいろと考えてしまって、若干暴走しました。
とりあえず現状ベースでなんとかしていこうと思います。

ホント、ご心配お掛けしました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/203120/29994469

この記事へのトラックバック一覧です: 濁河温泉リベンジツーリング:

« 2009北海道ツーリング ~計画・準備で早くも・・・~ | トップページ | 疲労骨折 »

最近のトラックバック

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31