« さった峠ツーリング | トップページ | グリップヒータースイッチ移設 »

2010年2月14日 (日)

オイル交換とCB1300ST

いつものバイク屋にてオイル交換してきました。

新車で購入してほぼ3年、走行距離はやっと 16,434km になりました。

でオイル交換作業の待ち時間に見掛けたのは、CB1300ST(SuperTouring)。

実車を見るのは初めてです。
しかも受注生産車カラーでした。

P1000453_1280

 

CB1300STといえば、純正パニアケースですね。
パニアを固定するためのステーががっちり付いてます。
パニアが無いときには不格好になるような気がします。。
で、パニアを付けたままヘルメットをバイクに付けられるよう、ヘルメットホルダーもウィンカー付近から移動。

P1000455_1280

どうやらフレームも新型になったようですね。
サイドカバー形状もずいぶん変わってました。

それになんと言っても、「足つきが良くなってる」感じがしました。
ハンドルもかなりのアップハンドルになっててまさに「白バイ」みたい。

P1000454_1280

リアテールカウルも変わっちゃいました。
リアテールの跳ね上げがかなりおとなしくなって・・・
自分は2009年までのカチ上げテールが好きです。

P1000458_1280

リアから見ると・・・パニアケースがでかい!
数値上はハンドルやミラー幅とそんなに変わらないらしいのですが、 すり抜けは無理ですね。

P1000459_1280 

CB1300STが発表された頃はうらやましいと思いましたが、
・マフラーが交換できない(選択肢が非常に少ない)
・価格が高い(FJR、GTR1400が買えちゃう?)
と言う点や、実物を見ても買い換えとか一切思いもしませんでした。

« さった峠ツーリング | トップページ | グリップヒータースイッチ移設 »

CB1300SB - メンテナンス」カテゴリの記事

コメント

HONDAのサイトによるとSTの車体幅890mm(ハンドル幅795mm)。
写真の展示車両、幅890mmは超えてる気がする。

車体寸法図はもっとスリムで、VFRのナローパニアをイメージしてたのに、、、

これだったら、水冷BanditにGiviのフルパニア付けた方がスリムそうだ(^^;Banカイッ!

STは、ロングツーリング仕様ですね。
北海道のツーリングでは、これでいけるとよかったですね。

しかし、パニアケースでか過ぎですね。市内走行は絶対無理そう。

そのパニア、(BMみたいに)幅が縮まるとかいうギミックはないのですか?
# じゃ無いとやっぱ大きすぎか?

◆山賊12Sさんへ
 私もVFRみたいなスマートなのを想像してたんですけどねぇ。

 パニアが必要なツーリングって頻繁にありませんから・・・

◆koba9694さんへ
 ホントにロングツーリング専用ですね。
 年に何回使えるのやら?
 GW、お盆、SW、ぐらい?

◆超山岳案内人さんへ
 容量が可変なんてギミックは付いてませ~ん。

 大は小を兼ねる、って言ってもこれはちょっとねぇ。

お久しぶりです。自分は、最近、オフ車が欲しくなってきましたよ。
一緒に買います。笑

追伸・・・
挨拶が遅れて申し訳ございません。
色々とご心配をおかけしましたが、2月13日に無事退院しました。
しばらくは自宅療養となりますが、焦らずに治していこうと思っています。
また、ブログも再開しますのでこれからもよろしくお願いします。


◆masaさんへ
 お帰りなさい!
 オフ車も良いですねぇ、やっぱり原二ですよね?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/203120/33377442

この記事へのトラックバック一覧です: オイル交換とCB1300ST:

« さった峠ツーリング | トップページ | グリップヒータースイッチ移設 »

最近のトラックバック

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31